旧法と新法


困る人借地権に関する法律は、大正10年に制定されましたが、そのまえは「建物の保護に関する法律」がありました。この法律は、借地人の権利がなされていないものでしたから、大正10年に「借地法」施行され、こちらは借地人の権利がかかれています。というのも、この法律は「借地人」のためのものでしたから、今度は地主が困りました。

この法律の特徴となっているのは、地主から借りた土地は半永久的に使えるといったもの。借りる人にとっても、貸す人にとっても悪くはないものでしたが、戦後、地主さんにとって困った事が起こりました。船中から戦後間もなくは土地も安く、借りる人もいましたが、高度経済成長で土地の価格が上がり、借りる人も地主もいなくなり、借地の新規供給量は減る一方になったのです。

そして、平成4年、「借地借家法」という新法ができたのです。この法律は契約期間の延長を借りる側が拒めるようになりました。これは「定期借地権」です。しかし、平成4年8月時点より前に土地を借りていた人には、旧法が適用されると言う何とも複雑な形で旧法が残っています。特に更新など、借り手にとって有利な法律の適用が出来ないと言うのも、何とも不便ですし、理不尽なものとなります。この辺りが問題視されているのです。