借地権で旧法


借地権における法律で1992年に廃止された借地法という法律があります。どのようなものでしょうか。

家借地法は1992年に廃止されました。現在は借地借家法となっていて、旧法とは違いがあります。まずは、借地権の存続期間です。新法は建物の種類に関係なく30年になります。旧法の場合ですと、最低存続期間は堅個な建物(コンクリート等)の場合は30年、非堅個な建物(木造等)で20年です。これより短い期間を定めたものは「定めがないもの」となっていますが、堅個なものは60年、そうでないものは30年です。借地権更新の場合、新法は1回目が20年、それ以降は10年ですか、当事者の話し合いにもよります。旧法は堅個30年、それ以外20年です。この辺りは違いがありますから、ご注意ください。

建物の朽廃の場合、旧法は存続期間の定めがあるかないかです。また、滅失の場合、権利を主張できませんが、この点は新法で改訂され、契約期間満了時に建物が朽廃しても権利はのこるとなっています。また、建物を失う場合は新法は定めが色々ですが、旧法は残存期間を得て再築するのは建物消滅から堅個で30年非堅個で20年です。地主は契約解除できません。ここも違いがありますので、注目してみてください。

当サイトは借地権に関する内容で旧法についてお話します。旧法と新法の違い、旧法のメリットとデメリットについて、お話します。ご興味のある方、借地権でお困りの方はご参考になさってください。